BLOGスタッフブログ

【空気浄化装置】NASAの技術でイオンを発生!新型コロナウイルス対策にお勧めです!

みなさん、こんにちは!皆さんは、鏡開きをされましたか?

松の内が終わった1月11日に行う地域が多いようですが、15日まで松の内が続く地域では、20日に行うというところもありますね。最近は、鏡餅型の容器に切り餅が入っているような、鏡開きをした後、食べるのが簡単なものも多いですが、乾燥してひび割れたお鏡餅を木槌で叩き割って割るのが、豪快で楽しいものです。細かく割れてしまっても、油に入れると切り餅になり、おいしく食べられます。

真空パックに入ったものは乾燥せず、叩き割ることは難しいので、軽く電子レンジにかけたり、湯煎をして柔らかくすると、ちぎって食べやすいです。あんこやきなこを絡めるのも美味しいですし、細かくちぎってお好み焼きや鍋に入れてもおいしいです。食べあぐねているという方は、ぜひお試しください。切るのは縁起が悪いと言われているので、ちぎったり、割ったりして食べてくださいね。

お餅は、真空パックで乾燥知らずですが、冬のお悩みと言えば、やはり乾燥です。今年は、昨年に比べ新型コロナウイルスの感染者数が増加し、心配は尽きません。オフィスにも、空気清浄機を置きたいと考えている企業が多いのではないでしょうか。かくいう弊社も、設置していない箇所には手配しますよという内容のお知らせがありました。お店や待合室にも、設置される企業が多いようです。

そんなご時世に、シティコンピュータ株式会社では、実は空気清浄機とは少し異なる、空気浄化装置「ReSPR」を販売しています。

乾燥の季節の心強い味方「ReSPR」

クリニック等のお客様からも好評をいただいている装置で、イオンやオゾンを発生させて、空気中の各種ウイルスや細菌を99%以上減少させるものです。

2020年12月には、アメリカの大学の研究所によるReSPRの実証実験において、アルミニウム表面上の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の不活性化が確認されました。新型コロナウイルス対策のため新規に機材の導入を考えていらっしゃる方に、特に自信をもってお勧めいたします。

空気清浄機との違い

このReSPR、空気清浄機とどこが違うかというと、空気をきれいにする仕組みです。

空気清浄機は、吸気してフィルターを通過させることで、空気中の物質を取り除き空気を清浄化しますが、吸い込んだ分の空気しかきれいにすることができません。フィルターが汚れてくれば性能が落ちますし、フィルターに付着した細菌やウイルスを心配する方もいらっしゃいます。エアコン内部にカビが生えるのと同様に、フィルターで菌が増殖する可能性もあります。また、吸い込んだ空気にしか作用しないため、壁やドア、家具などに付着した菌などには、効果がありません。

一方のReSPRは、室内にイオンやオゾンを噴出し、それら噴出されたイオンやオゾンが、有害分子を分解することによって、除菌やウイルス除去を行います。イオンやオゾンが室内に広がりますので、空気に浮遊しているものだけでなく、壁やドア、家具などに付着した菌やウイルスも、除去することができます。また、広範囲で浄化効果を発揮します。

もちろん、消臭効果もありますので、室内のニオイとりなどにも効果を発揮します。イオンやオゾンは、ホテルや自動車の消臭、住戸の消臭、介護施設や病院などでも消臭目的で使用されていますので、高い効果が期待できます。しかし、フィルターがなく、チリやほこりなどを除去する効果はないので、空気清浄機に置き換えて使いたい場合などは注意が必要です。

なぜ、イオンやオゾンで除菌やウイルス除去ができるのか?

ReSPRは、空気中の水分から過酸化水素のイオン等を発生させています。このテクノロジーは、NASAの国際宇宙ステーションでも採用されるなど、実績あるシステムで、自然界の空気を浄化するシステムの研究から生まれたため、人のカラダに優しい技術です。

過酸化水素は、希釈して傷口の消毒液であるオキシドールとして使用されたりする、古くから使用されている物質なので安心ですし、ReSPRで発生する濃度では人体への影響もありません。ReSPRはオゾンも発生させることができますが、こちらはオゾン特有の臭気があり、人体に影響を与える濃度ではなくても不快感を覚える方がいらっしゃるため、オゾンを発生させないモードも存在します。スタンダードモードでは全く発生しませんし、ハイモードでも0.05PPMと濃度が低いため、人体への影響はなく、人が常時いる場所でも使用することができます。

新型コロナウイルス対策に…

昨今のご時世、ウイルス対策が非常に重要となっています。ReSPRは、アメリカの専門機関での実験で、インフルエンザウイルスの除菌効果に加え、最新の研究では新型コロナウイルスを不活化させる効果も明らかになっており、ウイルス対策の一助になると考えられます。今後感染対策を徹底したいと考えていらっしゃる方に、とくにお勧めしたい装置です。

ダクト設置型もありますが、コンパクトサイズで持ち歩きができるタイプもありますので、賃貸物件で営業する店舗や事務所でも、工事なしに導入していただくことができます。適応範囲も広く280㎡までカバーできますので、1台の価格こそ高額に見えますが、他社と比較しても、1㎡あたりのコストはお安く導入できます。

補助金や助成金を活用しての導入

真冬の寒い中、換気のためにドアや窓を開けっ放しで過ごすのは難しいと考えている方は多いと思います。お年寄りなどは特に、気温差がリスクになるので、高齢者が多く利用する施設では、感染防止対策をどのように行うかが難題となっています。

シティコンピュータの場合は、まずは、すでにお取引をさせていただいているクリニック様や調剤薬局様にご提案させていただいています。病院・診療所・薬局・訪問看護ステーション・助産所を対象とした、「医療機関・薬局等における感染拡大防止等の支援」事業が厚労省主導で行われており、感染拡大防止対策に要する費用に関して補助金が交付されますので、この制度を活用しての導入をお勧めしています。

その他にも、ReSPRを導入した際に、各都道府県の中小企業振興公社からの助成金を利用しての購入を行った例があります。ある程度高額な商品の購入の場合にしか助成金の申請ができない場合もあり、高性能で助成金の要件に合うということで好評なようです。(※注)

※注:補助金や助成金は、対象商品があるわけではなく、申請ごとに適用されるかどうか審査されます。現状、シティコンピュータでは全てのケースで補助金の利用を前提としての導入ですが、必ず公的な補助が受けられるわけではありませんので、ご注意ください。

まとめ

利用者や介助者が多く集まる介護施設や、クリニックなど待合室のある施設、公共性の高い施設、対策を行いつつ営業を続ける飲食店のウイルス対策に、適応範囲が広く、NASAの宇宙ステーションにも導入された確かな技術でイオンを発生させる、ReSPRはいかがでしょうか。ドアノブやテーブル等に付着したウイルスまでも除去できる空気浄化装置の導入を、ぜひご検討ください。

関連リンク

医療調剤システム