FEATURE特集記事

サポート業務/ 人材派遣/人材紹介/ 2021.09.28

コロナワクチン接種会場における人材関連の課題とその解決方法

 

はじめに

今回の特集記事では、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)ワクチン摂取会場を既に運営されているか、もしくは新たな会場設置をご検討中の自治体やベンダー様に向けて、摂取会場運営の人材に関する課題や気を付けていただきたい点をポイントを絞ってご説明します。

まず最初に、日本においては、ワクチン摂取開始当初は摂取率が低い状況にありましたが、オリンピックを境に摂取率が上昇しはじめ、2021年9月13日時点で日本の人口50%超が2回目のコロナワクチンの接種を完了しており、結果としてアメリカを抜き去る摂取率が発表されています。これも、日々、摂取会場で尽力して下さっている医療従事者の方々をはじめ、会場運営を支えるすべての方々による絶え間ない努力の結果であることに疑いの余地はありません。依然として深刻な感染状況が続く中で、ワクチン接種に従事されるお姿を拝見するたびに頭が下がる思いです。この場をお借りして、まずは感謝を申し上げたいと思います。本当に有難うございます。

 

接種会場における人材に関する課題

さて、本題でございますが、現在のワクチン摂取会場の運営上の課題のひとつは、人材に関する業務と言われています。摂取会場はその規模に関わらず、運営スタッフの常駐勤務が求められますが、スタッフにはそれぞれの役割があり、それに伴った経験やスキルが求められるため、誰でも良いということにはなりません。ここでは、私たちが耳にする多くの摂取会場における現状の問題や課題についてご紹介します。

最初の課題は、人材採用に伴って多くのリソースが費やされている点があげられます。リソースとは主に時間や労力であり、それは同時に運営コストに跳ね返ってくる問題でもあります。運営事業として余計なコストが掛けられないという実情がございますので、これは最もなご意見です。

次に、採用したスタッフの教育や管理の問題があげられます。摂取会場における安全な運営を実現する上で、雇用したばかりのスタッフには専門的な教育/指導が求められます。また、すべてのスタッフを管理することにも多くのリソースが求められる点も忘れてはいけません。
また、そもそも人材自体が不足している点も見逃すことはできません。募集を募っても必要な人員に満たない応募数しかなかったというケースもございます。

以上のことから、接種会場における人材関連の課題としましては、まず、運営開始までの手間と時間が掛かる点、運営開始後の教育や管理に掛かる点であり、このことは会場規模に比例して人材に関する業務が大変な状況になるということを意味します。

 

これで解決 CCKの人材ソリューション

上記の課題を解決するべく、ワクチン摂取会場の運営に携わる皆様に対して、私たち、シティーコンピュータ株式会社(以下、CCK)が提供しているサービスをご紹介したいと思います。

CCKは、顧客に応じた事業サポートを実現するため、様々なサービスをご提供しています。ワクチン接種会場の運営スタッフをCCKが派遣するための「人材派遣サービス」もそのひとつとなります。
一般的な人材派遣サービスと言えば、募集・面接・採用の手間が省け、コスト管理もラクになるなど、様々なメリットがありますが、CCKのサービスはそれらに加え、他にないメリットを実現しています。

 

CCK人材派遣サービスの特長

ここでは、ワクチン会場への実際の人材派遣を通じ、既に実績のある特長だけをご紹介します。

特長1:ユニット派遣
CCKの人材派遣サービスは、管理者・リーダー・オペレーターなど、スタッフごとに異なる役割を「1ユニット」として派遣します。
それぞれの役割ごとに異なる人材派遣会社を探す手間は必要なく、CCK1社でお求めになる人材の確保が可能になります。
つまり、一括手配による採用時間、それに伴う労力、煩雑になることが懸念される連絡業務や調整業務といった余計な手間やコストが事業者様に掛からない点が、窓口の1本化することができるCCKの人材派遣サービスの最大の特長といえます。
また、例えば、臨時の際に有期の専門対応部署として活用いただくなど、様々なケースに対応しやすい点もメリットといえます。

特長2:教育
派遣に伴い、スタッフの教育もCCKが承りますので、教育に掛かる手間や時間の削減できることも特長のひとつです。CCKにはワクチン会場への派遣実績が多数ございますので、経験あるスタッフや既に教育経験があるCCKの担当によって安心感の高いサポートが受けられるメリットがございます。

 

CCK人材派遣サービスの概要

最後に、私たちCCKの人材派遣サービスの概要をご紹介します。CCKは、データエントリー事業から始まった会社として、データ入力オペレーターや事務スタッフ、ヘルプデスクスタッフの派遣に多くの実績を持っておりまして、現在、登録者は13,000人となっております。一例としまして、以下に実績をご紹介します。

実績① 大手テレマーケティング企業
・官庁での追加給付金に関する事務センター:管理者2名(社員)・リーダー 4名・オペレーター 80名/対応期間6か月間

実績② 事務処理企業
・年金事務センターの運営業務:有料職業紹介でのご紹介・お客様企業での契約社員雇用・データ入力オペレーター 30名・事務処理オペレーター 70名
また、新型コロナワクチン関連では、ユニット派遣(チーム派遣)のノウハウを活用した事務局、コールセンターならびに接種会場の運営をサポートし、医師・看護師の派遣を行う他社との協業により、ワクチン接種会場におけるすべての人員(医師・看護師・案内/誘導スタッフ)の手配と会場運営が提供しております。一例としまして、以下に実績をご紹介します。

実績① ワクチン接種の事務局運営A
・接種券の発行事務:管理者 1名(社員)・リーダー 2名・オペレーター 20名
・対応期間:8か月間

実績① ワクチン接種の事務局運営B
・ワクチンに関するコールセンター:スーパーバイザー 2名・オペレーター 35名
・対応期間:3〜6か月

実績③ ワクチン接種の会場業務(接種者 5,000名)
・運営スタッフ 20名、医師・看護師の手配
・対応期間;1週間×2回(見込み)
・実績は関東(東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・栃木・群馬)のみだが大阪、札幌でも対応可能。
条件によっては即日対応が可能となっております。

 

まとめ

簡単ではございましたが、以上がCCKの人材派遣サービスおよびワクチン接種関連のおける私たちの活動内容および実績の一例です。もしご興味がございましたら、お気軽にご相談いただけると幸いです。

現在、私たちの通常の暮らしを取り戻すためには、ワクチン摂取率が一つの目安になると言われています。私たちは、引き続きワクチン接種を円滑に進められるよう事業者様をサポートすることで、我が国における一刻も早い経済活動の本格的な再稼働に向け、一層の貢献をしてまいりたいと考えています。

シティコンピュータの「人材派遣サービス」はこちら